四国のすごい! Shikoku’s that is awesome! 了不起的四国![四国EPOがすごいと思った四国の環境情報をお知らせします]
「四国のすごい!」英語版ドイツ語版

シカの食害から三嶺の森を守る活動をまとめた冊子の発行/ A booklet about a project to protect the forest of Miune/Sanrei from deer damage/ 关于保护三岭森林不受鹿的食害的活动宣传册的发行


三嶺(1,894m)は、四国の徳島県と高知県の県境にあり、太平洋に注ぐ物部川源流の一つの山でもある。徳島県側では「みうね」と呼ばれ、高知県側は「さんれい」と呼ばれているこの山は、植林が多い四国山地では希少な自然が残る数少ない山として、多くの登山家に親しまれてきた。しかし、2000年頃からニホンジカ(以下、シカ)による地面を覆っていた下草や樹木の食害が現れ始め、山の姿はあっという間に大きく変わった。ものすごいスピードで、山肌は裸地化し、樹木は立ち枯れ状態となった。

「三嶺の森を守るみんなの会」代表の依光良三氏は「多少の雨ではびくともしなかった森が脆弱な森に変わった」と言う。大雨が降ると裸地化した山肌は崩れ、流れた土砂はダムにたまり、河川の汚濁は長期化、アユなどの生き物にとってもすみにくい環境に変化していったということだ。森の状態は、下流域にまで大きな影響を及ぼすのだ。

2007年その自然を再生しようと、NPOや研究者などさまざまな立場の人や組織が集まり、この会の設立となった。だれもがこの愛すべき三嶺の自然の復活と山の崩壊を防ぐことを願い、子どもから専門家まで実に多様な主体が、多様な方法でその保護に携わることとなった。まさしく産学官民の大きな協働取組である。そして約10年。今回発行した冊子には山嶺の自然豊かな森の変容と、人々の活動が写真で分かりやすくまとめられている。特にこの10年間の保護活動と植生の調査・検証、食害と土壌浸食の関係性の調査結果は、今後の活動や他地域での活用が期待される。その他、協働の取組の観点からも大変参考となる冊子である。

この取組は昨年度の四国環境パートナーシップ表彰の森里川海部門賞を受賞した。森の再生は道半ばのところ、地元のスーパー「土佐山田ショッピングセンター」がこの活動に共感し、7月31日までの約1ヶ月半の間、この活動を支援する取組が実施された。対象とした商品を1点購入すると売り上げの中から1円の寄付が団体に送られる仕組みで、消費者が地域の活動を応援できる身近な取組として注目されている。

四国では、シカによる食害のうち新たな被害も出ているとのこと。人と自然のよりよい共存に向けて、四国での経験は一冊の本にまとめられた。ぜひ、皆さんにもお勧めしたい。

■A booklet about a project to protect the forest of Miune/Sanrei from deer damage

 Miune/Sanrei is a mountain area on the border of Tokushima and Kochi prefectures. It is 1,894 meters high and one of the water sources of the Monobe River which drains into the Pacific Ocean. This mountain, called “Miune” in Tokushima and “Sanrei” in Kouchi, is popular among climbers because it is one of the few mountains in Shikoku where you can find a lot of untouched natural forestation. However, damage of underbrush and trees caused by deer started to appear around the year 2000 and the face of the mountain changed rapidly. The surface of the mountain became bare land and trees died in a very short period of time.

 “This forest was tough enough to come through normal rainfall, but it became poor and weak,” said Ryozo Yorimitsu, chief of Sanrei no Moriwomamoru Minnanokai (People’s Association to Protect the Forest of Mt. Sanrei). When it rained, the surface of the mountain crumbled down, the earth and sand piled up at the dam, contamination of the river was lengthened and the environment became uninhabitable for fish like ayu (sweet fish), and animals. The condition of the forest has a huge impact on conditions downstream.

 In 2007, many people from different backgrounds, like NPO staff and researchers, gathered and organized the association to recover the nature of the mountain. Many different kinds of people including children and specialists joined the project through variety of ways wishing restoration of the beloved nature of Sarei and no collapse of the mountain. It was a real cooperation of industry, government, academia and citizens. Ten years later, the booklet they issued was completed well and easy to understand with pictures of transformation of the Sanrei’s rich nature and people’s effort. Especially, things like the project of conserving nature, survey of vegetation and research of relation between deer damage and soil erosion are expected to adopt further activities or apply to other areas. This booklet is also very useful from the view of cooperation.

 Some damage caused by deer was reported recently in Shikoku. This booklet was finished with long experience for better coexistence of nature and humans.

■关于保护三岭森林不受鹿的食害的活动宣传册的发行

三岭(高1,894m)位于四国的德岛县与高知县境内,是流入太平洋的物部川的源头之一。德岛县这边称之为Miune,高知县那边则叫做Sanrei。它植被覆盖广,是四国山地为数不多保有自然的山,因此有很多登山家来此一亲芳泽。然而,2000年左右开始,日本鹿(以下记为鹿)吃掉覆盖地面的杂草和树木的危害开始显现,这座山的容姿转眼之间大为变化,山体裸露,树木枯萎,速度惊人。

“共同保护三岭森林会(三嶺の森を守るみんなの会)”的代表依光良三先生说:“从不管下多大雨也安然不动的森林变成了脆弱的森林。” 也就是说,暴雨降下,裸露的山体被冲刷,流失的砂土堆积在堤坡,河流浑浊长期化,鲶鱼等生物的生存环境变得艰难。森林的状态对下流流域有极大波及。

2007年,为了再生自然环境,NPO、研究者及出发点各不同的人们和组织集合起来,设立了这个协会。从儿童到专家,大家都希望深爱的三岭自然回归、防止山体崩塌。多样化的主体、多样化的方法,都参与到了保护三岭中,正可谓产业、学校、行政、民间共同协作的实践。至今已有10年。此次发行的宣传册通过图片,简单易懂地总括了山岭丰茂的森林的变化和人们的活动。尤其期待这10年间的保护活动,植物的调查、检证,食害与水土流失关系性的调查,能够运用到今后的活动与其他地域中。此外,从共同协作的实践角度来看,也有很大的参考价值。

去年,这一实践活动荣获了四国环境合作表彰的森里川海部门奖。森林再生的途中,当地超市“土佐山田购物中心”为之产生共鸣,在7月31日为止的一个半月时间内,举行了支援活动。只要购买一件指定商品,就从营业额中向团体捐出一日元。这样的企划使得消费者能够简单方便地支持本地活动,因此受到了注目。

就在鹿导致食害的同时,四国还有新的自然侵害正在发生。这本册子总结了向人与自然更好地共存方向努力的四国经验,推荐大家都来读一读。

昔から使われてきた生活雑貨から見える循環型社会における課題/ Encouraging a recycle-based society through old houseware items/ 从古来使用的生活杂货看循环型社会的课题


日本の高温多湿な風土の中で培われてきた草履を作るお百姓さんが、四国にもいることを聞き、取材で訪問した。達痲工房の寺田さんは、香川と徳島の県境集落で、注文を受けて編んだオーダーメイド草履を全国のお客さんに販売しながら、お百姓さんを続けている。

四国内で、自身で七島いを育てながら草履を編むことを生業にしている人は、彼だけだと聞いた。七島いは、カヤツリグサ科でシチトウ(別名リュウキュウイ)という。古代、エジプトの紙などにも使われる「パピルス」の仲間で、古くは現在のトカラ列島で栽培され、栽培用として国内に持ち込まれ普及したのが始まりと言われている。

通気性が良く、摩擦摩耗にも強く、使い込むほどに美しい艶が出るのが特徴で、琉球畳の畳表や仏間の畳、柔道畳などで使われていた。そんなシチトウは、い草や化学繊維の導入で需要が減るとともに、海外からの安い原料輸入の影響を受け、現在、日本国内での生産はもはや風前の灯火となっている。主な生産地の大分県においても、高齢化等の影響で生産の継続が年々厳しくなっている。

そんな希少草履の耐久性は2年程とのこと。鼻緒や靴底のメンテナンスを行いながら、除々に足に馴染んだ草履を長く大事にはく。天地の恵みをふんだんに受けた草履は、現代の靴に自分の足を合わせるのとは、逆の発想である。

SDGs(持続可能な開発目標)にある、生産と消費が注目されている。草履生産と消費サイクルにおいて、持続可能性の実現が難しい状況にありながら、寺田さんは何とかこの生業を基軸とした百姓生活の持続可能なものにするため、挑戦を続けている。

市民のライフスタイルや消費の変化が、どこまでその挑戦に答えることができるのか。草履の事例だけでなく、さまざまな伝統文化の継承においても同じ課題を抱えていることを改めて実感した。

■Encouraging a recycle-based society through old houseware items

 Ehime Global Network went to interview a farmer, Mr. Terada, who makes custom-made zori (Japanese traditional sandals) for customers all around Japan, while still doing his farmer’s job in a village located on the border between Tokushima and Kagawa prefectures. He is the only man in Shikoku who grows Nanashima rush – a type of plant in the family of grasses – and makes zori to live. The rush is scientifically called Cyperus monophyllus Vahl and it is in a same category with papyrus which was used in ancient Egypt. The rush was grown in Tokara archipelago and brought into the Japanese mainland for cultivation later. The rush is used to make surface of Ryukyu-Tatami, and tatami floorings for use in Buddhism rooms, judo areas, etc. because of its high air permeability, high resistance to frictional wear and a feature which it gets a more beautiful luster the longer you use it. The production of Nanashima rush in Japan is now in severe decline due to reduced demand caused by synthetic fibers and cheap import material. It gets harder and harder to produce the rush even in Oita, the main production area.

 The durability of the rare zori is around two years. Wear a pair of zori for a long time with care and maintenance of the thong and the sole so it gets to fit and become a part of your body. Wearing the zori with the favor of Mother Nature is a completely different idea from fitting modern day shoes.

 Production and consumption are on SDGs and getting more and more attention today. The situation of the circle of zori production and consumption doesn’t look great to achieve sustainability but Mr. Terada keeps trying to make his farming life sustainable.
How much the change of people’s lifestyle and consumption can answer the challenge? I realized not only zori but every other tradition and their inheritance faces a similar problem.

■从古来使用的生活杂货看循环型社会的课题

听说四国也有制作日本高温潮湿的风土培育出来的草鞋的农人,于是去采访了他。达麻工房的寺田先生,在香川县和德岛县境的村落里一边接受订单、编织定制草鞋、向来自全国的客人们贩售,一边继续务农。

据说,他是四国唯一自己种植茳芏并且以编织草鞋为生的人了。茳芏读作jiāng dù,跟古埃及草纸使用的纸莎草「papyrus」同属莎草科,古时现今的吐噶喇列島有栽培,带到国内栽培后开始普及。

因其具有通气性好、不易磨损、越用越有光泽的特征,常用于琉球榻榻米的表面、佛堂的榻榻米及柔道榻榻米。由于化学纤维的引进,茳芏的需求减少,同时,受到海外原料价格低廉的影响,日本国内的生产已经近乎绝迹。主产地大分县也因高龄化影响,形势一年比一年严峻。

如此稀有的草鞋,有两年左右的耐久性。细心养护草屐带和鞋底,让草鞋逐渐与脚相合,就能穿上很久。草鞋踏受天地恩惠,与符合自己脚大小的现代鞋履相比,可以说是相逆的概念了。

由于符合可持续发展目标,草鞋的生产和消费受到了瞩目。尽管要想实现其循环持续,现状还很艰难,但寺田先生无论如何也坚持面对挑战,坚持以此为基础的农民生活。

市民的生活方式、消费的变化,应对这样的挑战,能走到哪一步呢。不仅仅是草鞋一例,近来感到各种各样的传统文化都面对着相同的课题。

愛媛の高校生グループwakuwaku-youthのグローカルな取り組み/ Glocal Activities by Waku Waku Youth, a group of high school students in Ehime/ 爱媛县高中生组织wakuwaku-youth的全球本地化实践


2016年から2030年までの15年間を期間に世界中で取り組む、「SDGs(持続可能な開発目標)」。目標達成のためには、地域ごとの持続可能な社会づくりに向けた活動の積み重ね、多様な世代の参画が不可欠だ。

2017年3月、SDGsをキーワードとし、自分たちにできることを地域で実践することを目的に、高校生グループ「wakuwaku-youth(わくわくユース)」が発足した。

発足メンバーは愛媛県内の高校生7名。ユースにできることを模索し、国際・環境・教育など多岐にわたるグローカルな問題の解決をめざし、ユース同士が学びあい、育ちあう場づくりに取り組んでいる。

3月にグループが発足して以降、特に注目しているテーマは「フェアトレード」だ。フェアトレードは、生産者に配慮した公平な貿易のことで、SDGsの目標1「貧困をなくそう」、目標12「つくる責任、使う責任」などに関連しているとともに、近年四国内でも関心の高まっている「エシカル消費」、「思いやり消費」などの理念とも関連が深い。

そこで3月末には、日本国内で3番目のフェアトレードタウンに認定された神奈川県逗子市を訪問。自治体や市民活動団体が連携したまちづくりの取り組みについて、逗子フェアトレードタウンの会の協力を得て、逗子市長、逗子市在住のユースとの意見交換を実施した。

さらに、昨日5月21日に香川県高松市で行われた「さぬきマルシェinサンポート」と連携して開催された「フェアトレードまつりinかがわ」へ参加。フェアトレード商品の販売体験、来場者へのインタビュー調査等を実施し、フェアトレードのPR活動を行った。また、同イベントに出展していた地元香川の高校生・大学生との交流を通して、ユース同士で学びあいを深め、今後の活動に繋がる大きなヒントを得た。

グループ発足後、ESD、SDGsなどのグローバルな視点を学びつつ、自分たちが暮らす地域で足元から実践できることを模索し続け、現在では新たな活動にチャレンジし始めている。

今後は、フェアトレード商品販売促進として、モザンビークの女性の自立支援につながる「くるみボタンのヘアゴム」を愛媛県内の美容院で販売できるよう、フェアトレードやヘアゴムについて説明した小冊子を作成し、店舗への協力を呼びかける予定だ。

持続可能な社会づくりに向けたwakuwaku-youthのグローカルな活動に、今後も注目していきたい。

 

■Glocal Activities by Waku Waku Youth, a group of high school students in Ehime

  “Sustainable Development Goals” (SDGs) is an international program scheduled to operate from the years 2016 to 2030. It is essential for achieving these goals to do continuous activities to create the sustainable society in each region and the involvement of variety of generations.

 In March of 2017, seven high school students from Ehime began a group called “Waku Waku Youth,” whose keyword is “SDGs” and whose goal is to do what they can in their local area. They are trying to create a place where youth can learn and educate each other in order to look for what youth can do with their capability and solve glocal problems like international relations, education deficits, environmental challenges, etc. “Fair trade” is one of the themes they’ve been focusing on since the start of the group. Fair trade is a trading method with fairness and consideration for producers. Fair trade is related to the goal #1, “No Poverty”, goal #12 “Responsible Consumption and Production,” and some more SDG goals and also has deep connection with the ideas of “ethical consumption” and “thoughtful consumption” which is getting more attention in Shikoku recently.

 At the end of March, they visited Zushi Kanagawa, the third city to be qualified as a fair trade town in Japan. With the help of Fair Trade Town Zushi, they met and discussed about city development with local government and a citizens group, with the mayor of the city, and young people. They also took part in the “Fair Trade Festival in Kagawa” held in cooperation with “Sanuki Marchais in Sunport” in Takamatsu, Kagawa, on May 21. Waku Waku Youth sold fair trade goods and interviewed about fair trade to visitors. They also had a chance to talk to local students and deepened their thoughts so they could gain a clue to keep their activities well. They have learned global concepts like ESD and SDGs and have been trying to find things they can do locally since the launch of the group. One new activity is to make a booklet which explains fair trade. One example they will give are the hair bands with large embroidered buttons on them that are handmade by village women in Mozambique. This participation in the small-scale economy helps Mozambican women to be independent yet productive. Waku Waku Youth has requested of barber shops in Ehime to sell these hair-bands in their shops.

 The glocal activities of Waku Waku Youth to create a sustainable society are remarkable.

■爱媛县高中生组织wakuwaku-youth的全球本地化实践

从2016年到2030年的这15年间,为了在全世界实现「可持续发展目标(SDGs)」,各地方的可持续发展社会创建活动责任重大,不同年龄段的参与都不可或缺。

2017年3月,以可持续发展作为关键词、以在地方做力所能及的实践为目的、高中生组织“wakuwaku-youth(わくわくユース)”创立了。

创始成员是爱媛县的7名高中生。他们朝着解决国际、环境、教育等多方面的全球本地化问题的方向,摸索少年力所能及的事情,致力于建设青少年们共同学习、共同成长的一片天地。

自3月成立以来,特别引起注目的一个主题叫“公平贸易”。公平贸易关怀生产者,与可持续发展的目标1“无贫穷”、目标12“责任生产、责任消费”等关连,与近年四国内关注度也很高的“道德消费”“关怀消费”等理念亦关系匪浅。

3月末,他们访问了日本国内第三个被认定为公平贸易城市的神奈川县逗子市,在逗子公平贸易城市协会的协助下,就建设自治体及市民活动团体协作的城市相关与逗子市市长和当地青少年交换了意见。

不仅如此,他们还参加了5月21日于香川县高松市举办的、由「Sanuki Marche in Sunport」协办的“香川公平贸易节(Fair Trade Festival in Kagawa)”,体验了公平贸易商品的贩售,进行了来场者问卷调查,开展了公平贸易的宣传活动,并且与参加同活动的香川本地的高中生、大学生交流,加深了青少年间的共同学习,收获了关于今后活动的重要启示。

组织成立后,他们也不断学习着ESD、SDGs等全球本地化视点,继续摸索着立足于所在地、有可行性的活动,现在还开始了新的挑战。

今后,作为促进公平贸易商品贩售的一部分,为了在爱媛县内的美容院里贩售支援莫桑比克女性自立的「胡桃木纽扣发圈」,他们打算制作公平贸易与发圈相关的说明小册子,呼吁来自店铺的支持。

wakuwaku-youth致力于建设可持续发展社会,今后也请关注他们的全球本地化活动。