四国のすごい! Shikoku’s that is awesome! 了不起的四国![四国EPOがすごいと思った四国の環境情報をお知らせします]
「四国のすごい!」英語版ドイツ語版

避難所における車中泊利用

【今月から、「四国のおすすめ」として、四国EPO・四国ESDセンターの運営委員やスタッフが、みなさんにおすすめしたい!と思った事例をご紹介していきます。】

四国地方ESD活動支援センター運営委員 山﨑水紀夫

ここ数年、毎年のように各地で大雨による被害が発生している。気象庁はこれらの水害は気候変動による地球温暖の影響が考えられるとし、注意を喚起している。ここ数年の日本周辺の年平均気温は1.14℃上昇しているとのこと。特に2018年の東日本周辺は平年より+1.7℃と過去最高を記録した。その2018年(平成30年)には気候変動適応法が制定され、気候変動を緩和する対策を取りつつも、私たちの生活や経済活動がある一定の気候変動にも耐えられるよう、それぞれが事前に備える適応策の推進が重要とした。

災害が、起こる前にさまざまなことを想定し、複数の選択肢を持つことが適応力では重要。そこで、適応策の1案として、この度高知県内で自治体向けに行われた避難生活における「車中泊訓練」の事例を紹介する。

提案したのは、防災啓発団体「高知防災プロジェクト」(山﨑水紀夫代表)。これまでの豊富な被災地支援の経験から、車中泊の利点や注意点などを利用者と運営者側の視点で訓練を行っている。

避難所に多く使われている学校の体育館は温度・湿度管理ができないという致命的な欠陥があり、災害関連死の大きな原因とされている。ほかにも感染症やプライバシー問題、ペット同伴の人等にとって、このような避難所での生活は困難と感じるケースもあり、車中泊を選択する人は増加傾向にある。こうした背景を踏まえて、自治体も「車中泊」を支援する時期に来ているとして検討が始まった。

「車中泊」の利点は家族以外からの感染症リスクが減らせることや、プライバシーの確保などの他、室内温度調節も可能となるなどの利点もある。その一方で、同じ姿勢で長時間座ることで、いわゆるエコノミークラス症候群のリスクが高まる。そのため足が延ばせるフラットな広さが確保できる車であることや着圧ソックスを備蓄できていることなど、事前に受け入れ条件を周知しておくことが必要となる。また、電気で走るEV車は停電時にも大きな力を発揮する。

避難所の運営側も車中泊に備えた専用スペースの確保と着圧ソックスの備蓄をすすめ、車中泊受け入れ訓練をするなど、新たな適応策を取り込み、適応力を高めることが望まれる。

※避難指示が出ている状態での緊急避難は含んでいない。

第5回四国環境パートナーシップ表彰

第5回目の開催となる四国環境パートナーシップ表彰では、「ESD環境教育部門」と「地域課題解決部門」において募集を行い、審査委員による選考の結果、6団体の受賞が決定しました。

■パートナーシップ大賞(地域課題解決部門)
活動名:エシカル消費の普及促進によるライフスタイルの変容と脱炭素社会の実現
団体名:徳島県上板町立高志小学校(徳島県)

■優秀賞(地域課題解決部門)
活動名:エコ商品の開発から地方創生につながる環境社会イノベーションの取り組み
団体名:緑のリサイクルソーシャルエコプロジェクトチーム(徳島県)

■優秀賞(地域課題解決部門)
活動名:官民一体となった江川流域の環境保全活動
団体名:(特活)江川エコフレンド(徳島県)

■優秀賞(地域課題解決部門)
活動名:SDGs取組啓発活動と相互支援ネットワークの構築
団体名:三井住友海上火災保険・高松支店(香川県)

■優秀賞(地域課題解決部門)
活動名:山村を守り持続社会に貢献
団体名:(特活)奥塩江交流ボランティア協会(香川県)

■優秀賞(ESD環境教育部門)
活動名:伊野商業高校商業技術部内和紙研究会
団体名:高知県立伊野商業高等学校(高知県)

3月初旬に、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点を踏まえ、メイン会場に加え、サテライト会場を増設、出席者を限定する形で表彰式を開催しました。各会場をテレビ会議システムで接続し、室戸ジオパーク推進協議会による基調講演、各会場にて表彰状の授与、受賞団体による事例発表や審査委員からのコメント発表などを通して、四国地方で活動するそれぞれの取組から学びあう機会になりました。今回は、交流会が中止となったため、配布した付箋に書かれているコメントやアドバイスを後日とりまとめて受賞団体に還元することにしています。

四国EPOでは、どのようにすればよりよい協働ができるか、今の活動をよりサステイナブルに展開していくための気づきや学びあいの機会を今後も作っていきたいと考えています。

(各会場の様子)
  

四国の山あいの工場でつくる、安心・安全なオーガニック布団/ A safe and secure organic futon made at a factory in the mountains of Shikoku/四国山间工厂制造的安心・安全有机棉被

四国山地のど真ん中、吉野川の上流域に位置し、高知県内でも人口減少率、高齢化率がともに高い大豊町。この町の工業団地の一角に、地域課題に向き合いながらオーガニック寝具を製造している株式会社ハート(本社:高知市)の工場はある。

1988年の創業以来、原料にとどまらず、最終製品に至るすべての工程において有害化学物質が検出されないオーガニックを追求し、最終製品は一つひとつブラックライトで蛍光反応がないことを確認する徹底ぶり。このことを消費者に理解してもらうため、2005年から毎年、日本でも数少ないオーガニック繊維認定工場として、エコサート(ECOCERT/フランス)による実施検査を受け、世界的なオーガニックの繊維基準であるGOTS(Global Organic Textile Standard)、OCS(Organic Content Standard)の二種類の基準をクリアしている。

世界最大の認定機関のチェックは厳しく、毎年すべての流通や製造、倉庫などの検査だけでなく、従業員への雇用環境や認証への理解を進める取り組みにも配慮は求められる。ここで、働いている十数名の職員は女性だが、子育て中の方からベテランの方まで、育児や介護、家庭の都合などで休みは取りやすい。お互いの仕事をカバーし合い、働きやすい職場づくりが実践されている。

綿打ちを何度も繰り返した安全で快適な布団や、国産のそば殻を使用した枕は、安全・安心に厳しい消費者からも人気で、特にそば殻の枕は、そば殻の袋とダニを通さないオーガニックコットンで作った枕カバーはそれぞれが洗え、デザイン性だけでなく清潔さを保つ工夫もされている。

安全性に徹底してこだわった寝具づくりの拠点としての大豊町。製品は海外でも人気になる一方で、地域とのつながりも大切にしている。つくるからつかうまでオーガニックにこだわった経営が、地域の雇用や環境、健康課題の改善に向けて好循環を推進する取り組みとなっている。

株式会社ハート
(本社:高知県高知市北金田4-18、工場:高知県大豊町)

■A safe and secure organic futon made at a factory in the mountains of Shikoku

     Otoyo-cho is located in the middle of the Shikoku Mountains, upstream of the Yoshino River, in Kochi Prefecture where has a high rate of aging and population decline. There is a factory of the company Heart (head office: Kochi City) that manufactures organic bedding while facing local issues in one of the industrial parts in this town.

     Since founding in 1988, the company aimed perfect organic without hazardous chemicals detected in all processes. The final products are confirmed thoroughly one by one with a black light so it has no fluorescent response. To let consumers understand this, every year since 2005, it has cleared as one of the few organic products in Japan certified textile factory, by ECOCERT (France) ,a global organic GOTS (Global Organic Textile Standard) and OCS (Organic ContentStandard).

     The world’s largest accreditation is strictly checked including every year all distribution, manufacturing and warehouse inspections, and employee’s work environment and promoting the employees to understand is required as well. Dozens workers are female employees, they can easily take time off for childcare, nursing care, and family reasons etc. They work together to cover each other’s work and create a comfortable workplace.

     Pillows made with safe Japanese buckwheat hulls and safe and comfortable futons which have been repeatedly cottoned,are popular with consumers. Especially pillow bags made from organic cotton which is buckwheat husk and tick-free is washable, highly designed and keep the cleanness.

     Otoyo-cho is the base of making bedding that focuses on safety. While products are becoming popular overseas, they value the connection with the community as well. The management that focuses on using organic products from creation to usage is promoting a virtuous cycle to improve local employment,environment health issues.

HEART JAPAN Ltd.
HeadOffice: 4-18 Kitacanada Kochi-shi, Kochi 780-0073 JAPAN
Factory: Ootoyo-cho, Kochi

■四国山间工厂制造的安心・安全有机棉被

 在四国山地的正中间,位于吉野川的上流域,是高知县内人口减少率、高齢化率极高的大丰町。在这个町工业团地的一角,是在制造有机寝具的同时应对地域课题的株式会社Heart(本社:高知市)的工厂。

 1988年创业以来,该工厂彻底实施有机方针,力求从原料开始到最终制品的全部过程不检出任何有害化学物,最终制品在紫光灯下连一次荧光反应都没有出现。为了得到消费者的理解,2005年开始毎年,作为日本少数的有机纤维认定工厂,接受来自ECOCERT(法国)的检查,批准合格了两种世界级别的有机纤维标准GOTS(Global Organic Textile Standard)和OCS(Organic Content Standard)。

 全球最大认定机关的检查非常严格,不仅要检查每年全部流通、制造及仓库等,还要求实行従业员的雇用环境及推进认证理解程度方面的措施。在这里工作的十几名女性,无论是有孩子的员工还是熟练工,如有育儿、护理病人、家庭的需要,都能很方便的获得休假。互相帮助工作,建立友善的职场环境。

 多次弹棉花绵制作成的安全舒服的被子,使用国产荞麦壳的枕头,都在严格讲究安全・安心的消费者中很受欢迎。尤其是荞麦壳枕头,使用有机棉制作的枕巾不会泄漏荞麦壳袋,也不会生虫子,还可以清洗。不仅设计的好,在保持清洁方面也下了一番苦心。

 大豊町是制造讲究彻底确保安全性的寝具的大本营。产品不仅在海外受到欢迎,而且与地域紧密相连。从制造到使用,从始至终讲究有机的经营方式,无论对于地域的雇用和环境,还是健康课题的改善,都能够起到推进良好循环的作用。

株式会社Heart
(本社:高知县高知市北金田4-18、工厂:高知县大丰町)