四国のすごい! Shikoku’s that is awesome! 了不起的四国![四国EPOがすごいと思った四国の環境情報をお知らせします]
「四国のすごい!」英語版ドイツ語版

ゴミを焼却しない日本初のトンネルコンポスト施設/Japan’s first tunnel compost burns no waste at all/ 不焚烧垃圾的日本第一家Tunnel Compost设施


一般可燃ゴミで出されたゴミのほとんどは、焼却されている。そんな中、ゴミを焼却しないで処理する施設が、日本で初めて誕生した。施設名は、香川県三豊市にあるバイオマス資源化センターみとよ。平成29年4月から稼働する施設を見学するために訪問した。

まず驚いたのは、施設の外へはゴミの臭気や煙が出ていないため、まさかここにゴミ処理施設があるとは気がつかなかった事である。

ここで、採用された技術は、トンネルコンポストと呼ばれる方式。三豊市内の一般家庭から出される可燃ゴミを収集し、バイオトンネルと呼ばれる発酵槽とバイオフィルターと呼ばれる脱臭装置を組み合わせて処理を行っている。
 
この方式は「燃やす」処理がないために、二酸化炭素の発生を抑制するだけでなく、焼却灰も発生しない。発酵工程で発生する熱は、ゴミ乾燥で利用。乾燥後は固形燃料の原料となるなど、ここでのゴミは廃棄物ではなく、エネルギー資源となっていることに、驚かされる。

驚きは、それだけではない。多くの人手をかけて行っていた分別や選別を省力化、一般的な施設で実施されている発酵工程で必要な切り返し作業はセンサーや発酵制御システムの導入により不要となっている。そのこともあり、施設は驚くほど、少ない人数で運用されている。

この他にも、ヨーロッパから導入された設備をこの場所に適合させるため、さまざまな工夫やノウハウが施されている、そんな経過も含め、お話を聞くことが出来た。施設見学には条件もあり、事前申込みが必要。関心をお持ちの方は、(株)エコマスターのホームページをご覧下さい。

■Japan’s first tunnel compost burns no waste at all

 Most of most of flammable waste from households are burned in Japan, but not so anymore in Mitoyo, Kagawa prefecture. The Biomass Recycle Center Mitoyo is located in Mitoyo city and is the first and only facility to process garbage without burning. We visited there to see and learn about the facility which started operating in April of 2017. The waste disposal facility is hardly noticeable because there is no smell or smoke, which is common for such a facility. They use a technology called “tunnel compost.” They collect flammable waste from households in Mitoyo and dispose of it with a fermenter called “bio tunnel” and a deodorizing unit called “bio filter.” There is no burning in this process so not only does it not generate any carbon dioxide but also produces no incineration ash. The heat generated in the fermentation part is used to dry the waste. Surprisingly, this dried waste can be used as solid fuel. Another surprise was innovation devised for the separation of waste. Separation used to require a lot of manpower, but a labor-saving system and the process of cutback which is required during fermentation in ordinal facility is unnecessary due to detectors and an advanced fermentation control system. Thanks to that, there is a very small number of people needed to run the facility.

 In addition, there are many other ideas and know-how to adopt European technologies here and I was happy to hear such stories. Reservation to tour the facility are required. If you are interested, check out the web page of Eco Master.

■不焚烧垃圾的日本第一家Tunnel Compost设施

大部分一般可燃垃圾都会被焚烧处理。就在这样的大环境中,日本第一家不焚烧垃圾的设施诞生了。它就是香川县三丰市的生物量资源化三丰中心。我来到这里,参观学习了这家2017年4月开始运转的设施。

一开始就大吃一惊,设施外闻不见垃圾的臭气,也看不见烟,不禁疑惑,这里竟然是垃圾处理设施吗?

这里采用的技术就是隧道堆肥(Tunnel Compost):将收集来的三丰市普通家庭产生的可燃垃圾,用叫做生物隧道的发酵槽和叫做生物滤网的脱臭装置组合处理。

这种方式因为没有焚烧,所以不仅能抑制二氧化碳的产生,不产生焚烧灰烬,发酵工程中产生的热能还能利用于垃圾干燥。干燥后的垃圾变为固体燃料的原料,不再是废弃物,成了能量资源,令人惊讶。
惊讶的远不止于这一点。由于探测器和发酵控制系统的引入,对普通设施所进行的发酵工程来说必需的耗费大量人手的分拣、甄别的工作就没有必要了,节省了人力。这座设施运用的人数少得令人吃惊。

不仅如此,我还听到了为了让从欧洲引进的设备适应这处场所而采用的各种各样的方法和技术诀窍。参观学习设施是有条件的,必须事先申请。对此有兴趣的各位,请浏览(株)Eco Master的主页。

愛媛県西予市で行う「3しょくプログラム」/ “Sanshoku Program” in Seiyo, Ehime/ 爱媛县西予市实施的“3 Shoku计划”


愛媛県西予市に、多くの人々に親しまれる「王国」がある。

どんぐり王国は、不登校・引きこもりの青少年及びその保護者に対して、学校復帰、社会復帰の支援に関する事業を行い、子育て全般のサポートを行うNPO法人だ。名水100選の観音水が流れる愛媛県西予市宇和町にあり、王国では農業体験学習、牛・馬・鶏・犬・ヤギなど、たくさんの動物とのふれあい体験ができる。自然や動物たちに囲まれたこの環境で、これまでに多くの子どもたちの心のケアをしてきた。

そして昨年からは「Green Gift地球元気プログラム」で新たなプロジェクトに取り組んでいる。本プログラムは、東京海上日動火災保険株式会社が顧客との契約時に「ご契約のしおり(約款)」等をホームページで閲覧することを選択することで発生する紙資源使用料削減額の一部で国内外の環境保護活動をサポートする取り組みで、現在は全国21団体と協働で実施している。
(参照:東京海上日動HP http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/about/

愛媛県では、どんぐり王国が実施団体となり、触(ふれる) 植(そだてる)食(あじわう)の3つの「しょく」をキーワードにした体験学習イベントを年間2回実施。8月20日には2回目のイベントが開催され、定員を超える39名の親子が参加した。

まず「触・植」では、ビオトープの観察や、源流探検を通じて自然に触れることをテーマに、5月に実施した1回目のイベントではビオトープの周りに植樹した植物が、どのように成長しているか、池の様子、住み着いた生物などと合わせて観察した。講師の先生が子どもたちと対話型で話を深めていく様子が印象的だった。

そして参加者・スタッフを含め最も楽しみにしている「食」は、牛・馬・鶏の堆肥を使った循環型有機農業を行っている王国ならではの企画。王国産もち麦の入った麦ご飯とさつま汁、新鮮な卵、野菜がふんだんに使用された絶品料理は、子育て支援部の女性たちの協力があってこその企画となった。

どんぐり王国のイベントはリピーターが多く、今回の「3しょくプロジェクト」で実施したイベントも、1回目から続けて参加する親子の姿があった。さまざまな人が繋がり、学びあう拠点として、今後、どのようなギフトを地域の子どもたちに届けていくのか、どんぐり王国の活動に今後も注目していきたい。

■“Sanshoku Program” in Seiyo, Ehime

 There is a “kingdom” in Seiyo city that everyone loves. Donguri Oukoku (Acorn Kingdom) is a NPO which is helping students who refuse to attend school or stay shut indoors at home. It also helps the parents of such students. The goal is to get the student to return to school and to rejoin society, and support child care generally. The organization is located in Uwa in Seiyo city where you can find Kannonsui, one of the Selection of 100 Japan Water. At Donguri Oukoku, one can experience agriculture and can touch cows, horses, chickens, dogs, and goats. The rich nature and the animals have been healing many children.

 The organization has been working on a new project funded by “Green Gift Earth Genki Program”. Tokio Maritime Nichido Fire Insurance runs this program with funds they raised by reducing paper costs by choosing to show contract agreements on the Internet instead of on paper. The project is now being done with 21 groups around Japan. Donguri Oukoku is one of the operators of the program in Ehime and holding events twice a year with the keyword of three different meaning of Japanese “Shoku”, touch, grow, and taste. A second event was held August 20 and an overflow audience of 39 people gathered.

 For the first and second shoku – touch and grow – they set a theme of touching nature through observing the biotope and touring the headwaters so participants can see the condition of the pool, the creatures living there and the growth of plants that they planted in the first event held in May. It was impressive that lecturer deepened his lecture by communicating with children.

 For the third shoku – taste – was one that all staff and participants were looking forward to. It was a very original event that only the “kingdom” (that farm) can do because of its recycle-based organic agriculture using compost from cows, horses and chickens. With the help of ladies in the child care support division, we had an awesome lunch like barley rice using barley produced on the kingdom, Satsuma soup, fresh eggs and vegetables.

 There are many repeaters of the event and even some families have been taking part in it since the very first event. This is the hub of a people’s network and a place to learn from each other. With such a task, it is worth to keep an eye on the kingdom to see what kind of gift they will bring to kids for the future.

■爱媛县西予市实施的“3 Shoku计划”

在爱媛县西予市,有一个受到许多人亲近的“王国”。

团栗王国是一个以旷学或家里蹲的青少年及其监护人为对象、开展帮扶回归学校、回归社会的相关事业及整体育儿支持的NPO法人。王国位于名水100选之一观音水所流过的爱媛县西予市宇和町,可以进行农业体验学习,并且与牛、马、鸡、犬、山羊等各种动物亲密接触。处于自然和动物环绕的环境中,很多孩子的心得到了慰藉。

不仅如此,去年开始还开展了新企划“Green Gift地球健康计划”。此计划指的是,东京海上日动火灾保险株式会社与顾客订立契约时,通过网页阅览契约条款,节省下来的纸资源费用的一部分则用于支持国内外的环境保护活动。如今已有全国21个团体参加了合作。

(参考:东京海上日动官方主页http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/about/

爱媛县每年两次实施由团栗王国承办的、以“触(接触)”“植(培养)”“食(品尝)”三方面的“Shoku”为关键词的体验学习活动。8月20日,开展了第二次的活动,39名亲子参加,超过了原定人数。

首先,“触·植”的主题为通过群落生境(Biotope)观察、源流探险接触大自然。5月实施的第一次活动就是综合观察群落生境周围种下的植物如何成长、池塘的样子、栖息生物等。授课老师与孩子们深入地对话交流,令人印象深刻。

再就是参加者与工作人员最喜欢的“食”的部分了。这是只有使用牛、马、鸡堆肥,开展循环性有机农业的王国才能进行的企划。加入了王国生产的糯麦的麦饭、红薯汤、新鲜的鸡蛋、使用了丰富的蔬菜的美味料理,是育儿帮扶部的女性们合作的企划。

团栗王国的活动拥有很多常客,此次实施的“3 Shoku 计划”中也出现了来了第一次活动后继续参加的亲子的身影。作为连结大家、共同学习的地点,团栗王国今后还会给本地的孩子们送来怎样的欢乐呢,请大家拭目以待。

親子で学ぶエシカル消費/ Learning about ethical consumption with parents and children together/ 亲子共同学习道德消费


徳島県では、県を挙げてエシカル消費の普及啓発に取り組んでいる。エシカル消費とは、倫理的消費という意味で、フェアトレードや地産地消などがそれにあたる。このエシカル消費を広く知ってもらうため、イオンモール徳島にて親子を対象にした「イオンdeエシカル消費」が開催された。

はじめにエシカル消費やそれにつながるマークの説明を受けた後、売り場に設置されたチェックポイントを回り、マークの意味やイオンでの取り組みを学んだ。チェックポイントのすぐ横には、マークがついた商品が並んでいる。参加者からは、「講義で聞くよりも、売り場で実物を見ながら学ぶほうがわかりやすい」という声が聞こえた。気をつけて見てみると、たくさんの商品にエシカルに関わるマークがついていることに気づく。

講義で紹介された「エシカル」は、
え  →「え」いきょうを
し  →「し」っかりと
かる →「か」んがえ「る」
(出展:一般社団法人エシカル協会 『エシカルの覚え方』 http://ethicaljapan.org/)

と覚えるそうだ。実際、買い物をするときには、その商品を購入したらどんな影響があるかを、購入する前に一度考えてみようという呼びかけである。

名目国内総生産(GDP)に占める家計消費の割合は、54.1%(平成28年度)にもなる(出展:内閣府国民経済計算)。家庭での消費は、社会に大きな影響を及ぼすことが、数字からも裏付けられている。

エシカル消費に関する普及啓発の取組として、このような講座のほかにも、消費者大学校大学院での「エシカル消費・食品表示コース」設置や今後3年間で県内全高校へのエシカルクラブ創設などが予定されている。

いつもの買い物で商品を選ぶときには、ぜひ一呼吸おいて「えいきょうを しっかりと かんがえる」を実践してみてほしい。

■Learning about ethical consumption with parents and children together

 Promoting public awareness of ethical consumption is done all around Tokushima. Ethical consumption includes buying fair trade products and community supported agriculture. “Aeon de ethical consumption” was held for families to spread the idea. Participants got an explanation about labels of ethical consumption and other related ideas and went to checkpoints set up around the selling area to learn the meaning of the labels and activities attempted in Aeon. They could find labeled products right next to the checkpoints. A participant said that it is easier to learn in the field seeing real products than to listen to explanations. You can find a lot of products with the labels on them if you look carefully.

 In the lecture, “ethical” (E-SHI-KA-RU in Japanese) was defined as “consider the influence sufficiently”: E: EIKYOUWO (influence), SHI: SHIKKARITO (sufficiently)
KA, RU: KANGAERU (consider). (Reference: “How to Remember Ethical” from the Ethical Association http://ethicaljapan.org). They are engaging in this simple wordplay to encourage consumers to consider ethical issues connected to their purchases. 54.1% of GDP in 2017 involved household purchases (reference: Cabinet Office of Government of Japan). It is clear that domestic consumption has a huge impact on society.

 Other activities to raise public awareness of ethical consumption are planned, such as establishing an Ethical Consumption and Food Label course in the Graduate School of Consumers’ College, and founding ethical clubs in every high school in Tokushima within three years. The goal of such activities is to make consumers “consider sufficiently (their) influence” when they are shopping next time.

■亲子共同学习道德消费

德岛县正致力于向全县普及道德消费。道德消费,指的是符合道德伦理的消费,如公平贸易、地方消费等。为了让更多人了解道德消费,德岛AEON MALL开办了以亲子为对象的“AEON de Ethical 消费(道德消费)”。

首先领取道德消费相关联的标记,然后挨个找到卖场里设置的各站点,学习标记的含义和AEON为之做出的努力。站点旁就是贴有标记的商品。参加者发出了这样的的声音:“与其听课,在卖场里一边看到实物一边学习更简单易懂吧。”如此仔细寻找,消费者就能注意到有很多商品都贴上了道德消费的标记。

课上介绍的“道德消费”(Ethical)即:

E →影响(えいきょうを)
thi →认真地(しっかりと)​
cal →考虑(考える)
(出处:一般社团法人道德消费协会《道德消费记忆法》http://ethicaljapan.org/)

这样就很好记了吧。实际上,就是呼吁大家购物时,买东西之前先考虑一下购买的行为会产生什么样的影响。

国内生产总值(GDP)中家庭消费已经占了54.1%(平成28年,出处:内阁府国民经济计算)。数字可以作证,家庭消费对社会有重要的影响。

普及道德消费相关的实践,除了这样的讲座,还有消费者大学校大学院的“道德消费·食品表示课程”的设置,以及今年3年间在县内所有高校创设道德消费俱乐部的计划。

大家每次选购商品时,请稍稍停一下,试试“认真考虑影响”吧。