四国のすごい! Shikoku’s that is awesome! 了不起的四国![四国EPOがすごいと思った四国の環境情報をお知らせします]
「四国のすごい!」英語版ドイツ語版

マイボトルの利用促進に向けたオアシスマップの作成/Creating an oasis map to promote the use of My Bottle/以促进使用随身杯为目标的绿洲地图制作

海に流出しているプラスチックごみの問題がニュースで頻繁でとりあげられるようになりました。この問題は、持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)の目標14にも明記されており、海洋ごみの削減や海洋汚染の防止は世界的な課題となっています。

私たちの生活の中で、現在、プラスチック製品は大量に使われています。一部、リサイクルされているものもありますが、自然界へ流出したプラスチックは破片化(マイクロプラスチック)し、魚や鳥の体内に蓄積されるなどの生態系への影響が懸念されています。

プラスチックごみ削減に向けての取り組みが、さまざまな所で検討され始めている今、香川県のNPO法人アーキペラゴの呼びかけで使い捨て飲料用プラスチックボトル(飲料ペットボトル)を削減し、マイボトル(水筒)の使用を推進する取り組みが始まりました。

マイボトルを使ったことのある方は、途中で飲みきって困った経験をお持ちの方も多いと思います。この取り組みは、マイボトルの水やお湯の補給に協力してもらえる店舗や公園、公共施設等の情報を収集し、オアシスマップとして公表していくものです。補給に協力してもらえる店舗等へは、ステッカーの配布も行います。http://www.archipelago.or.jp/scf/oasismap/

取り組みに賛同くださった飲食店の第1号は高松市内のうどん屋さんでした。アーキペラゴでは、年内に200箇所の補給ステーション開設を目指しているそうです。

  

香川発の取り組みが、全国、世界に広がるように、私たちも応援していきたいと思います。

■Creating an oasis map to promote the use of My Bottle

 The issue of plastic waste spilling out into the sea has been frequently taken up in the news. This issue is also specified in goal number 14 of the 2030 Agenda for Sustainable Development (SDGs), reducing marine waste and preventing marine pollution is a global challenge.

 In our life, plastic products are currently being used in large quantities. Some of them are recycled, but plastics that have flowed out to the natural world are fragmented (microplastic) and there is concern about the impact on ecosystems such as accumulation in the body of fish and birds.

 Now that initiatives to reduce plastic waste are starting to be studied in various places, the NPO corporation Archipelago in Kagawa Prefecture, is calling out to reduce plastic bottles for disposable drinks (beverage PET bottles), use My Bottle (water bottle).

 Those who have used My Bottles may have the experience of having finish drinking on the way. We are trying to collect information on shops, parks, public facilities etc. that can cooperate in supplying water and hot water to your My Bottle and publish it as an oasis map. We also distribute stickers to shops where you can cooperate in supply.  http://www.archipelago.or.jp/scf/oasismap/
The first restaurant t that approved the initiative was a noodle shop in Takamatsu city. It seems that Archipelago is aiming to establish 200 supply stations within the year. It is hoped that efforts from Kagawa spread to the whole country and the world.

■以促进使用随身杯为目标的绿洲地图制作

流向海洋的塑料垃圾问题,已经频繁地出现在了电视新闻上。可持续开发2030日程(SDGs)的目标第14条也明确地提到了这个问题,减少海洋垃圾、防止海洋污染,已经成为了世界性的课题。

现如今,我们的生活中大量地使用着塑料产品。虽然有一部分被再循环利用了,但是,流入自然界的塑料碎片化(成为微塑料)后,会蓄积在鱼和鸟的体内,如此种种,对生态系统产生的影响令人忧虑。

在各个地方都开始讨论为了减少塑料垃圾而行动起来的今天,香川县的NPO法人archipelago也开始了实践行动,他们呼吁减少使用用后丢弃的饮料塑料瓶(饮料PET瓶),推进使用随身杯(自带水杯)。

使用过随身杯的人,或许都有过还在路上水却喝完了的烦恼体验吧。该实践活动收集了愿意帮助给随身杯补给水或者热水的店铺、公园、公共设施等的信息,制作绿洲地图,公开发布。他们还给愿意提供补给的店铺发放了贴纸。
http://www.archipelago.or.jp/scf/oasismap/

第一个对该实践活动给予赞同的饮食店是高松市内的乌冬面店。archipelago的目标是,在年内开设200家补给站。

我们愿意支持这一来自香川的实践活动,推广到全国、甚至世界各地。

後継者をそだてる取組~勝浦川流域フィールド講座~/Efforts to Escape the Successor ~ Field Katsuura River Basin Course ~/培养后继者的实践~胜浦川流域田野讲座~

勝浦川流域フィールド講座は、徳島県勝浦郡、小松島市、徳島市を流れる勝浦川の流域をフィールドに、自然の魅力や課題を学ぶ連続講座である。講座内容は、自然と人の生活とのつながりや、自然環境が直面している課題などを、研究者や取組実践者から座学とフィールドワークを通して学ぶプログラムになっている。必要な条件を満たせば、徳島県から生物多様性リーダーに認定される。四国のように自然が身近にある環境であっても、森林の荒廃や生物生息域、種の減少などは広く知られていない。遠くから見ているだけではわからない、切迫した現状を知る機会にもなっている。

この講座は2018年で第5回を迎え、たくさんの生物多様性リーダーが育っている。生物多様性リーダーは、とくしま生物多様性リーダーチームを結成し、それぞれが得意な分野で、生物多様性の重要性や保全について発信を行ったり、フィールド講座の講師やスタッフを務めたりしている。さらに、講師を務める市民団体や環境団体の代表自身のスキルアップにもつながっている。このように、人材育成のしくみと、講座修了生が生物多様性リーダーとして活躍していることが評価され、生物多様性アクション大賞2017ふれよう部門優秀賞を受賞した。2018年度も4月から講座が開講され、新しいリーダーが育っていく。

多くの団体で課題になっている人材育成や、後継者育成のヒントがこの取組にあるのではないか。

■Efforts to Escape the Successor ~ Field Katsuura River Basin Course ~

 The Katsuura River Basin Field Course is a continuous course to learn the charm and challenges of nature in the field of Katsuura River flowing through Katsuura, Tokonoshima city, Tokushima city. The content of the course is a program that learns connection between nature and people’s lives and issues faced by the natural environment through researches and practitioners through discussion and field work. If it meets the necessary conditions, it will be certified as a biodiversity leader from Tokushima prefecture. Even in environments where nature is familiar like Shikoku, devastation of forests, biological habitats, reduction of species, etc. are not widely known. It is also an opportunity to know the imminent situation that you do not know just by watching from afar.

 This course is the fifth time in 2018, and many biodiversity leaders are being developed. The biodiversity leader has organized the Takashima Biodiversity Leader Team to disseminate the importance and preservation of biodiversity in fields where each is good and serves as instructor and staff of field courses. In addition, it also leads to skill improvement of representatives of citizen groups and environmental groups who serve as lecturers. In this way, it was appreciated that human resource development mechanism and graduates of the course are active as a biodiversity leader, and we received the category excellence Award for Biodiversity Action Grand Prix 2017. In fiscal year 2018, lectures were also offered from April, and new leaders continued to grow.

 Is not there a hint on human resources development that is a problem in many organizations and hints for training successors?

■培养后继者的实践~胜浦川流域田野讲座~

胜浦川流域田野讲座,是德岛县胜浦郡小松岛市以奔流在德岛市的胜浦川的流域为田野,学习自然的魅力和课题的系列讲座。讲座内容包括了自然与人的生活的联系,自然环境直面的课题等,是研究者与实践参加者通过讲座和田野活动学习的项目。只要满足了必要条件,就可以被德岛县认定为生物多样性领袖。也没有广泛地普及森林废弃、生物栖息地和种类的减少等知识。仅仅从远处看是无法明白的,这就是一个了解迫切现状的机会。

该讲座在2018年迎来了第5届,培养了许多的生物多样性领袖。生物多样性领袖们将结成德岛生物多样性领袖小队,在各自擅长的领域里,传达关于生物多样性及保护的信息,担当田野讲座的讲师和工作人员。不仅如此,这也帮助了担任讲师的市民团体和环境团体的代表自己的能力提升。如此这般人才培养的制度,讲座参加者作为生物多样性领袖,活跃行动,受到了好评,获得了生物多样性行动大奖2017亲密接触部门优秀奖。2018年度的讲座也将在4月开讲,继续培育新的领袖。

这一实践,可以为很多团体提供关于人才培养、后继者培养的课题的启示。

第3回四国環境パートナーシップ表彰/The Third Shikoku Environment Partnership Award/第3届四国环境合作表彰

第3回目となる四国環境パートナーシップ表彰は、ESD環境教育部門に加え、地域課題解決アイデア部門を新設し、市民団体や高校、企業などからたくさんのご応募をいただきました。審査委員による選考の結果、この度、計6団体のみなさんが受賞となりました。

Ⅰ.ESD環境教育部門 
①パートナーシップ大賞(特別賞)
活動名: 「大野豆」復活とその次代への継承活動~地産地消を通じて~
団体名:大野豆プロジェクト

②優秀賞
活動名: 森林の想いを音色にのせて~カホンを使った森林・環境教育~
団体名:愛媛県立上浮穴高等学校 森林環境科 カホンプロジェクトチーム

③優秀賞
活動名:地域の持続可能な社会を目指す取組
団体名: 愛媛県立西条高等学校油系女子

④優秀賞
活動名:ESDの観点による宇和海の環境保全活動
団体名: 愛媛県立宇和島水産高等学校

Ⅱ.地域課題解決部門
⑤優秀賞
活動名:せとうちクリーンアップフォーラム
団体名: NPO法人 アーキペラゴ

⑥優秀賞
活動名:パブリック環境保全活動
団体名:株式会社 パブリック

3月14日(水)に開催した「第3回四国環境パートナーシップ表彰 表彰式」では、環境省中国四国地方環境事務所高松事務所の宇賀神所長より各受賞団体に対し、賞状が手渡されました。また、昨年度より協賛いただいている、三井住友海上あいおい生命保険株式会社四国営業部の協賛を得て、「生命保険のエコ手続で四国の環境保護活動を応援しよう!」の趣旨のもと、申込時にオンラインで申し込みがあった件数に応じて、いただいた寄付金を特別賞として1団体に授与いただきました。

表彰式後の各団体による活動発表では、普段なかなか関わることのない多様な主体や関心の薄い層を巻き込む手法や、地域の課題解決に取り組む過程など、取り組みを進める上での課題やヒントの参考になる事例などが共有されました。また、団体同士で新たなつながりを得たり、情報交換を行うなど、限られた時間ではありましたが、学びあいの場となりました。

今回の募集にあたり、四国四県からたくさんの取り組みがよせられました。どの取り組みも素晴らしく、住んでいる地域をより良くしたいという想いと活動により地域の環境が支えられていることを実感しました。四国環境パートナーシップ表彰を含め、皆さまの更なる活動を、四国EPOとして引き続き応援するとともに、学びあいの場づくりを進めていきたいと思います。

■The Third Shikoku Environment Partnership Award

 The 3rd Shikoku Environment Partnership Awards, in addition to the ESD Environmental Education Division, established a regional problem-solving idea division and received many entries from civil society organizations, high schools, companies, and others. As a result of the selection by the judging committee, six organizations has won this award.

I. ESD Environmental Education Division
① Partnership Grand Prize (Special Prize)
Activity name: “Ohno Bean” resurrection and succession to its next generation through local production of local consumption.
Organization name: Ono Bean Project

② Excellence Award
Activity name: Placing the thought of the forest on the timbre – Forest and environmental education using Cajon.
Organization: Ehime Prefecture Kamiukena High School Forest Environment Course Cajon Project Team

③ Excellence Award
Activity name: Efforts aiming for a sustainable society in the region.
Group Name: Ehime Prefecture Saijo High School Oil Girls

④ Excellence Award
Activity name: Environmental conservation activities in Uwa Sea from the standpoint of ESD.
Organization Name: Ehime Prefectural Uwajima Fisheries High School

II. Regional Problem Resolution Division
⑤ Excellence Award
Activity Name: Satouchi Cleanup Forum.
Organization name: NPO Archipelago

⑥ Excellence Award
Activity name: Public environmental conservation activities.
Organization name: Public Corporation

 In the “3rd Shikoku Environment Partnership Awards Ceremony” held on March 14 (Wednesday), a letter of credit was handed to each winning organization by Director Ugajin the Takamatsu Office of the Chugoku-Shikoku Regional Environment Office of the Ministry of the Environment. In addition, with the sponsorship of Mitsui Sumitomo Aioi Life Insurance Co., Ltd., co-sponsored since last fiscal year, with the aim of “Let’s support Shikoku’s environmental protection activities in Shikoku through life insurance eco procurement!” with the sponsorship of Shikoku Sales Division according to the number of applications that were received online, we received a donation as a special award to one organization.

 At the activity presentation by each organization after the award ceremony, examples were shared referring to problems and hints for promoting the initiatives, such as how to involve various subjects and people who are not normally involved, and processes to tackle local problems. Also, although it was a limited time, it became a place to learn from each other and getting new connections among groups and exchanging information.

 In this recruitment, a lot of efforts were given from the four prefectures of Shikoku. Every effort was wonderful, and it was obvious that the regional environment is supported by the desire and activities that want to improve the living area. We would like to continue supporting the further activities of community organizations, including the Shikoku Environment Partnership Award, as Shikoku EPO, and also to promote learning opportunities.

 

■第3届四国环境合作表彰

四国环境合作表彰开展到了第3届,增加了ESD环境教育部门,新开设了地方课题解决创意部门,从市民团体、高校和企业等处收到了许多报名。根据审查委员的筛选结果,这次共有6个团体最终获奖。

Ⅰ.ESD环境教育部门
①合作大奖(特别奖)
活动名:“大野豆”复活及下一代继承活动
~以地产地消的方式~
团体名:大野豆计划

②优秀奖
活动名:音符寄托森林情怀~卡宏鼓(kahon)的森林环境教育~
团体名:爱媛县立上浮穴高等学校 森林环境科卡宏鼓(kahon)计划组

③优秀奖
活动名:地方可持续发展社会目标活动
团体名:爱媛县西条高等学校油系女子

④优秀奖
活动名:ESD观点出发的宇和海环境保护活动
团体名:爱媛县立宇和岛水产高等学校

Ⅱ.地方课题解决部门
⑤优秀奖
活动名:濑户内海绿色行动(Clean up)论坛
团体名:NPO法人archipelago

⑥优秀奖
活动名:公共环境保护活动
团体名:株式会社public

3月14日(星期三)召开的“第三届四国环境合作表彰 表彰大会”上,环境省中国四国地方环境事务所高松事务所的宇贺神所长给各获奖团体亲手颁发了奖状。从去年提供赞助的三井住友海上AIOI生命保险株式会社四国营业部也继续提供了赞助,以“推进生命保险手续环保化,支持四国环境保护活动!”为宗旨,根据申请保险时网上申请的件数,捐款作为特别奖,授予1个团体。

表彰大会后各团体的活动讲演上,大家分享了怎样让平时感觉没有什么关系的关心淡薄的人群层参与其中的方法、地方课题解决的实践过程、可以为实践进展中的课题及创意提供参考的事例等等。以及,团体的各位获得了新的联系,交换了信息。时间是有限的,却成为了互相学习的场所。本次征集,得到了四国四县纷纷响应,令人实实在在地感到了每一个实践活动都很了不起,感受到了想要让自己居住的地方变得更好的愿望和活动对地方环境的支撑改善。作为四国EPO,我们将一如既往地支持大家今后的活动,包括四国环境合作表彰在内,还想要继续努力建设大家互相学习的环境。