四国のすごい![四国EPOがすごいと思った四国の環境情報をお知らせします]
「四国のすごい!」英語版ドイツ語版

榧(かや)

(株)高知前川種苗会長 前川穎司さんは、趣味の囲碁が高じて碁盤の材料である「榧」の美しさに惚れ込み、高知と徳島の山にこれまでに10万本以上の苗木を植えてきました。榧の寿命は1,000年に及びます。しかし、杉やヒノキに比べて成長が遅く、成木になるまでには300年かかるため、雑草や他の木が伸びて陽光が遮られると枯れてしまいます。また、香ばしい果実は野ネズミの、やわらかい苗木はウサギの、若木はイノシシやシカの大好物。植えたら食べられの終わりのない競争を繰り返しながらも、前川さんは手間を惜しまず、丁寧に世話を続けています。

榧は、上品な光沢のあるきめ細かい木目と、ほど良い硬さを持っています。独特の弾力は、碁盤や将棋盤などで高く評価され、使い込むほどに美しい飴色に変わり、風格を増します。また、古くから水に強く腐りにくいことで知られ、家の土台や風呂桶、船の材料などさまざまな生活シーンで使われてきました。天然の殺菌作用を持ち、まな板や箸など、清潔さを求められる食まわりの品々にも適しています。

成長に時間がかかるだけでなく、伐採してからも、製品になるまでにかかる時間は15年と、大変な時間と手をかけて成長する木ですから、一般に流通せず、1990年代後半には中国も輸出を禁じて榧材が市場に出回ることはなくなってしまいました。(榧は世界で7種類あり、中国4種・アメリカ2種・日本1種)かつては日本の山に自生し、農家の庭先などにも植えられ古くから木材や果実が身近に利用されてきた榧。300年という長い時間をかけて大きく育つ榧の木は、日本の文化を伝える貴重な存在といえます。

端が見えないほど広い山の畑に規則正しく並んだ若木の希望にみちた姿は壮観で、あまりにも美しく、前川さんの心を励まします。いつか必ず、日本の山を榧の森にすると決めたのだから、動物にも自然にも負けません。 杉やヒノキの3、4倍の時間をかけて成長する、その長い長い月日を思えば、1年の失敗など、大した事じゃない。そう言って笑って、前川さんは今日もまた、山へ行くのです。

–参考・引用–(株)高知前川種苗「榧の話。」「お父ちゃんと榧の話。」より

第7回地域教育実践交流集会

この会は、地域で子どもの育成に関わる活動をしている個人や団体が集まり、情報交換や交流を行い、お互い「ひと(人・一)儲け」をしましょうという趣旨で毎年開催されています。

今年の参加者は、約200名で、東京、広島、島根、山口、大分など、四国内だけでない広がりとなっています。1日目は参加者同士のコミュニケーションを図るワークショップ。その後は11の分散会、33の事例報告をもとに熱心な情報交換と協議が行われました。2日目は、「あなたの町のまちづくり」をテーマに特別企画インタビューダイアログシンポが開催され、5つの地域から実践活動の紹介がありました。今年は特に高校生や大学生が地域資源を活かしたまちづくり活動の報告を行うなど若者の参画が目立ち、シンポジウムではフロアも含めて意見が飛び交いました。

このように多様な年代層や立場の方々が、出合いや視野を広げ、自らの活動のブラッシュアップと交流が図れる機会として、毎年期待される交流集会となっています。

MEMSアグリゲータ

二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出による地球温暖化をきっかけに省エネに対する関心が高まっている。そんな中、注目を集めているのがIT(情報技術)を使って、マンション全体でエネルギー管理を行い、エネルギーの効率的な使用や、無理のない節電を実現するMEMS(メムス)だ。

2014年2月に経済産業省が公募したMEMSアグリケータとして、香川県高松市に事務所がある、あなぶきパワー&リース(株)が四国で唯一採択された。MEMSとはMansion Energy Management System(マンションエネルギー管理システム)の略称で、他にもCEMS(コミュニティエネルギー管理システム)やFEMS(ファクトリーエネルギー管理システム)、HEMS(ホームエネルギー管理システム)などがある。

電気料金を計測するため、各住戸にスマートメーターを設置し、使用エネルギーを「見える化」したMEMS(メムス)は、空調・照明などの接続機器を制御して、電力需要が急激に上がるのを防いだり、需要のピークを制御することができる。

通常のマンションは各戸ごとに電力会社と契約を結んでいるが、MEMSにすることでマンション全体と電力会社が一括契約(高圧の契約に切り替え)が可能となり、単価や電気料金を安くすることができる。

ちなみに、各家庭の使用量は、パソコンやタブレット、スマートフォンなどから30分ごとに確認できる。節電を常に意識できるだけではなく、電気料金の節約を目に見える形で享受できるのは、更に嬉しいことだろう。

今後は、新築マンションのみならず、既存マンションについてもMEMSの導入を積極的に展開する動きがでてくると予想される。家庭の省エネは早急に対応しなければならない課題の1つである。私たちの身近な生活に、地球温暖化防止に結び付く仕組みが導入されることにより、市民の省エネ意識が更に高まることを期待したい。