地域と学校をむすぶESD

ESD(Education for Sustainable Development)「持続可能な開発のための教育」は、今ある地球の恵みを、次世代に生きる全ての人々が継続して受けられる未来をつくるための「学びあい」です。

国連ESDの10年最終年会合「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」(2014年11月:名古屋市・岡山市)、さらにその先の未来に向かって、四国でもESDの取り組みが各地で広がっています。

   【Tokushima】Tomioka East JHS
   【Kagawa】Fudeoka Primary School
   【Ehime】Shimizu Primary School
   【Kochi】Seiwa Jr HS Kochi

   ★ ESD実践事例の詳細はこちら