四国のすごい![四国EPOがすごいと思った四国の環境情報をお知らせします]
「四国のすごい!」英語版ドイツ語版

快適でエコ!排水ゼロの循環し続けるトイレ

「もしも排水がゼロのトイレがあったら・・・。」

非常時はもちろんのこと、日常的に川や海を汚さず、水道水が節約できて、汲み取りや下水道が不要・・・いつもと同じように使いながら、自然環境への負荷を減らし、行政や家庭でのコスト削減が実現する。そんな夢のシステムが既にあるのをご存知ですか?

高知市にある、株式会社ダイドウが開発した循環式水洗トイレ「リサイくるん」は、人が出した汚水をバイオ汚泥処理と濾過の組み合わせで無臭透明な洗浄水に還元し、循環するシステムです。1日約200回の使用で、汚泥の汲み取りは数ヵ月に1回程度。消費電力はポンプを動かすための動力として、750wが必要ですが、ひと月の電気代は3千円程度、太陽光パネルなどで電力も自産自消すればランニングコストはほぼ不要になります。開発した専務のお話しによると「新たな浄化槽や下水道が不要のため、山間地域の公共施設への導入に向けた問い合わせが多い」そうですが、一般住宅にも導入しやすく、老朽化したトイレ問題の解決にむけて相談も増えているとのこと。既に、高知県黒潮町の児童公園や高知市内の中学校などに導入済みで実際に見ることができます。

持続可能な個人住宅版のスマートトイレに期待は膨らみます。

高知の路面電車とバスを子どもたちでいっぱいにしたい -交通エコポイント活用社会還元事業「ですかでゴー」-

自家用車での移動が多い高知県。2011年度より、高知県地球温暖化防止県民会議(会長:尾﨑正直知事)が実施している事業で、車に比べて地球温暖化ガスの排出が少ない電車・バス利用の機会を提供することで、公共交通が身近な移動手段の選択肢となるよう、小学生にICカード「ですか」の無料貸出を行っている。

小学校での校外活動のほか、児童クラブなど地域活動での利用も広まり、事業開始以降の5年間で、のべ 1万5千人が利用した。運賃に相当する額は、すべて県内の企業・団体等からの寄付支援によるもので、のべ244団体から合計570万円あまりが寄せられている。(2016年12月25日現在)

学校からは「公共交通の利用がエコにつながるということを子どもたちに気づかせるきっかけができた。」「電車に乗ったことのない児童もいたが、乗りかたを覚えたので、これから利用してみたいという声もあった。」「環境問題についても2年生なりに考えることができた。」などの感想が寄せられている。

地球温暖化防止活動の一環としての事業であるが、高知県に多い小規模企業・団体でも地域活動に貢献できることから、CSR活動の取り組みとしても認知度が高まってきた。企業や団体は1口1万円から、個人は1口千円から寄付が可能。同時に、公共交通体験イベントで事業内容と公共交通利用のPRを行うなど、県民に直接支援を呼びかける活動も展開している。

また、このほど優れた環境教育活動として評価され、平成28年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞した。

今後は、郡部小学校への利用促進活動に加え、公共交通利用による温暖化防止の出前授業を計画している。寄付支援による安定的な運営基盤の上で、さらなる発展が期待される社会還元事業だ。

161227_%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%94%e3%81%84_%e5%86%99%e7%9c%9f2161227_%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%94%e3%81%84_%e5%86%99%e7%9c%9f3

170104_%e5%9b%9b%e5%9b%bd%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%94%e3%81%84_%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e2%80%95%e5%86%99%e7%9c%9f

事業運営団体:高知県地球温暖化防止県民会議県民部会事務局

特定非営利活動法人 環境の杜こうち

住所:〒780-0935 高知県高知市旭町3丁目115番地 こうち男女共同参画センター3階

問合せ先(電話):088-802-2201

日常の「買い物」で地域の環境保全に貢献する 高知県香美市 土佐山田ショッピングセンターの取り組み

日常の「買い物」で地域課題の解決に役立つことができたら、気軽に社会貢献ができるのでうれしいことだ。

高知県香美市にある土佐山田ショッピングセンター(代表取締役社長 石川靖)では、対象商品を購入することで地域活動に寄付ができる取り組みを3年前から期間限定で実施しており、今年は7月29日から9月11日まで。

具体的には、対象商品を消費者が購入すると1商品につき1円がNPOに寄付される仕組みで、農水産物から加工品、トイレットペーパーなどの日用品やお酒など、高知県内の商品を中心に約200アイテムがある。対象商品には「DONATION」カードが提示され、消費者が商品を選ぶ際の参考となっている。8月30日までの寄付額は155,244円ということで、この1円に消費者の気持ちが込められている。

寄付つき商品チラシ

今年の寄付先は「三嶺の森をまもるみんなの会」(代表:依光良三)で、この地域を流れる物部川の源流域の森でシカの食害から森を守る活動に送られる。この地域は、シカの食害が顕著になる前は大雨が降っても持ちこたえられる「盤石な森」であった。しかし2007年以降は非常にもろい「脆弱な森」になっているという。この団体は2007年から活動しており、シカから樹木を守るため網で巻いたり、防護柵で植物の保護域を作るなどの他、裸地化しもろくなった山肌に土砂流出防止のマットを貼るなどの活動を行っており、その効果は徐々に現れてきている。また、地域のこどもエコクラブの活動にも関わっており、子どもたちが流域環境を関連づけて考えるきっかけとなっている。

寄附付き商品4 エコクラブ新聞

土佐山田ショッピングセンターとこの団体との出会いは、2016年1月29日に行われた「つなげよう、支えよう森里川海ミニフォーラムin高知・物部川」で、石川社長が依光代表の講演を聞いたことから始まった。石川社長は「子どもの頃泳ぎを覚えたのは物部川で、山にも行ったこともあった。しかし、その後何十年も川や山の事は意識から遠ざかっていた。この機会に山に行くと、以前はスズタケが生い茂り登山道との区別が分かりやすかったが、今は何処でも登山道のような感じでその変わり様に驚いた」ということだ。

土佐山田ショッピングセンターの社是は、「売り手よし、買い手よし、地域よし」の「三愛主義」。買い物することで地域が良くなることを目指した今回の取り組みは、スーパーの本業を活かした社会貢献活動として注目される。消費者にとっては寄付つき商品を購入することで活動を支援する「参加」の意識が芽生え、NPOにとってみても活動資金の確保とともに支援の層を広げられることで活動への励みにつながることとなる。

地域課題解決につながる多様な工夫に今後も注目していきたいものだ。