お知らせ・募集 [四国] 2017/12/25

環境省高松事務所が、PCB廃棄物の早期処理協力をお願い

処分期間が最短で残りわずか100日
高濃度PCB廃棄物を保管する事業者は、その種類ごとに、高濃度PCB廃棄物を自ら処分するか、処分を他人に委託することが義務づけられています。
 特に、四国地域は中国、九州と並び、全国で最も早く処分の期限を迎える地域となっており、変圧器やコンデンサーなどの重電機器については平成30年3月31日と定められています。
 処分期限まで100日を切る中、環境省では、普及・啓発のためのPCB廃棄物早期処理情報サイトの設置や、ポスター及びチラシの作成を通じて関係行政機関と連携し、一刻も早い早期処理の達成に向けた広報を展開しています。

【PCBとは?】
PCBとはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称。油状の化学物質です。特徴として、水に溶けにくい、沸点が高い、熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的に安定しており、電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など様々な用途で利用されていましたが、現在は製造・輸入ともに禁止されています。

【詳 細】
地方環境事務所>高松事務所>トピックス(2017年4月〜2018年3月)>PCB廃棄物の早期処理協力へのお願い-処分期間が最短で残りわずか100日
http://chushikoku.env.go.jp/takamatsu/to_2017/100.html