お知らせ・募集 [全国] 2018/12/26

環境省が、読本『森里川海大好き!』読書感想文コンクール2018の受賞者の決定をお知らせ

 環境省では、地方公共団体、有識者および先進的な取組を行っている団体や個人等との対話や議論を行い、森里川海の恵みを将来にわたって享受し、安全で豊かな国づくりを行うため、「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトに取り組んでいます。
 当プロジェクトでは活動の一環として、養老孟司氏を委員長とする「『森里川海大好き!』編集委員会」において、森・里・川・海のつながりやその恵みの重要性を小中学生に分かりやすく伝えることを目的とした読本『森里川海大好き!』を平成30年3月に作成し、この読本をたくさんの子どもたちに読んでほしいという思いから、読書感想文コンクールを実施しました。
コンクールには、約200名の小学生(4~6年生)の参加があり、読本の執筆者、教育関係者及びプロジェクトメンバーによる選考委員会(平成30年12月7日(金)開催)を経て、受賞者が決定しました。[環境省ホームページ 報道発表資料より]

【入賞作品】
●森里川海大好き大賞(もっともすぐれた作品としての賞)
「自然の中にぼくがいて、ぼくの中に自然がある」矢島直太朗(やじまなおたろう)さん
●森里川海ふれあい大賞(「もっと自然とふれあいたくなる」という視点での賞)
「大好きな自然よ、ありがとう。」大橋賢(おおはしけん)さん
●森里川海つながり大賞(「森里川海と私たちのくらしのつながり」という視点での賞)
「すべての川に魚がそ上できるように」松田悟(まつださとる)さん
※以上3名とそれぞれの保護者の方1名を、3月17日に開催する表彰式に御招待します。

【入賞作品表彰式について】
 平成31年3月17日(日)に東京・四ツ谷(主婦会館プラザエフ)にて、シンポジウム「森里川海でもっと遊ぼう!」(仮称)を、読本編集委員会の養老孟司委員長、メインストーリーの『大発見は足もとに』を執筆した阿部夏丸さんなどをお招きして、入賞作品の表彰式を行います。当日はお二人の先生による「森里川海のつながり」や「自然体験」をテーマにしたトークショーやワークショップなど、親子で楽しめるイベントとなる予定です。詳細は後日お知らせします。

【読本の内容と入手方法について】
*読本の内容について
読本は、下記の環境省サイトにて公開されています。
https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/dokuhon.html

電子書籍データを、Amazon kindle、楽天kobo、Apple iBooksにて無料配布しています(平成31年3月まで)。各サイトにて、書籍名で検索してください。

※「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトについては、下記URLを参照ください。
URL: https://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/

【詳細】
環境省ホームページ>報道発表資料>読本『森里川海大好き!』読書感想文コンクール2018の受賞者が決定しました。
http://www.env.go.jp/press/106295.html