お知らせ・募集 [全国] 2018/10/10

環境省が、第22回「環境コミュニケーション大賞」を募集(~11/5)

環境コミュニケーション大賞は、優れた環境報告書等を表彰することで、事業者を取り巻く関係者との環境コミュニケーションを促進し、もって環境への取組が一層活性化することを目的に、環境省及び(一財)地球・人間環境フォーラムが主催する表彰制度です。
受賞者には、受賞のPRに活用いただけるロゴマークを提供するほか、全応募者に報告書の内容に関するフィードバックを個別に送付します。
表彰は、事業者の環境報告書などを対象とする「環境報告書部門」とエコアクション21認証・登録事業者の環境経営レポート(環境活動レポート)を対象とする「環境経営レポート部門」の2部門で開催します。
本年度は平成30年11月5日(月)まで募集し、有識者による審査を経て、大賞、優秀賞等の受賞者を決定します。受賞作品は、来年2月上旬に発表予定です。[環境省ホームページ 報道発表資料より]

【主催】
環境省、一般財団法人 地球・人間環境フォーラム

【協賛】
一般社団法人 サステナビリティ情報審査協会

【協力】
日本公認会計士協会、一般財団法人 持続性推進機構

【後援】
全国中小企業団体中央会、日本商工会議所
公益社団法人 経済同友会、一般社団法人 日本経済団体連合会
株式会社 東洋経済新報社、株式会社 日本取引所グループ

【募集対象】
(1)環境報告書部門
平成29年11月から平成30年10月までに発行された「環境報告書(CSR報告書、統合報告書なども含む。環境報告が行われている報告書であれば、名称は問いません。)」を対象とします。
工場、事業場、支店などのサイト単位で発行した「サイトレポート」も応募できます。
(2)環境経営レポート部門
エコアクション21認証・登録制度により認証・登録を受けた事業者が、平成29年11月から平成30年10月までに発行した環境経営レポート又は対象期間が1年以上ある環境活動レポートを対象とします。

【応募資格】
応募対象としている環境報告書/環境経営レポート(環境活動レポート)を発表している法人であれば特に制限はありません。自治体や学校など、営利企業以外でも応募可能です。

【応募期限】
平成30年11月5日(月)消印有効

【応募先・問合せ先】
第22回環境コミュニケーション大賞 事務局
(株式会社ダイナックス都市環境研究所内)
担当:小池・北本・鈴木・佐久間
〒105-0003 東京都港区西新橋2-11-5 TKK西新橋ビル3F
TEL:03-3580-8221
E-mail:eco-com22◎dynax-eco.com(メールの際は、◎を@にご変更下さい)

【詳細】
環境省ホームページ>報道発表資料>第22回「環境コミュニケーション大賞」募集について
http://www.env.go.jp/press/106035.html